Hello
new
order...

池袋から世界へ。新しい才能の発掘に参加しよう!

池袋から世界へ。
新しい才能の発掘に参加しよう!

slider picture01

池袋アートギャザリング:IAGは
池袋の街とアーティストを
つなぐプロジェクトです。

東京芸術劇場を擁し、文化芸術による街づくりに取り組む豊島区・池袋エリアは、 街そのものが、様々な分野のアーティストが集い、表現・発信できる劇場であり舞台であることを目指しています。

「IAG AWARDS」は、2017年に年齢・国籍・ジャンルを問わず、池袋の街を舞台として、一人でも多くのファインアーティストの方々の活動を支援したいとの願いから、現役美術作家を審査員としてスタートしました。

今では、アーティストが入選をきっかけに、地域や企業のアートプロジェクトへ起用されるなど、美術界での飛躍を果たす実績も増え続けており、美術業界との連携を重視した、国内屈指の美術公募展として注目を集めています。

東京芸術劇場
東京芸術劇場

会期中、IAG審査員たちが選ぶ各賞ほか、「豊島区長賞」や池袋エリアのギャラリーなどが集まるIAG PARTNERSによる各賞、来場者投票によるオーディエンス賞を決定し発表します。

[会期]7月14日(水)〜19日(月)11:00〜19:00 ※最終日は16:00まで
[会場]東京芸術劇場 5階ギャラリー1
[住所]豊島区西池袋1-8-1 Google Maps

現役の美術作家として活躍しながら、後進の育成にも力を注ぐ「IAG審査員」たちのご紹介。

審 査 員 紹 介
押元一敏 押元一敏 / Kazutoshi Oshimoto
東京藝術大学美術学部 准教授 / 画家
三橋 純 三橋 純 / Jun Mitsuhashi
横浜美術大学教授 / 写真家
所属学会:日本写真学会 日本映像学会 日本写真芸術学会
泉 東臣 AKI INOMATA
現代美術家
現代美術家 / 多摩美術大学 非常勤講師 / 武蔵野美術大学 非常勤講師/ 女子美術大学 非常勤講師/ 早稲田大学嘱託研究員
泉 東臣 泉 東臣 / Haruomi Izumi
画家
日本美術家連盟会員
作品収蔵:千葉銀行・京葉銀行・ヒューリック株式会社
大森暁生 大森暁生 / Akio Ohmori
彫刻家 / D.B.Factory代表
国内外のギャラリー、百貨店、アートフェア、美術館等での発表に加え、多くのファッションブランドとのコラボレーションやパブリックワークなど幅広く作品を発表。
金丸悠児 金丸悠児 / Yuji Kanamaru
画家 / C-DEPOT代表
百貨店や画廊を中心に発表を行い、作品は動物や建物などを題材に独自の表現と手法で創作している。また、社会におけるアーティストのあり方を追求し、様々な活動にも挑戦している。
小路 浩 小路 浩 / Hiroshi Shoji
アートディレクター /(一社)JIAN代表理事
日本の芸術創作環境向上を目的とする美術作家団体「一般社団法人JIAN」代表理事。「池袋アートギャザリング公募展 IAG AWARDS」チーフディレクター・企画運営を手掛ける。
IAG AWARDS2021 各賞発表(21.07.19版)
IAG審査員が本展示を審査し合議により決定いたします。
IAG大賞 <IAG大賞>
今回、該当者なしとなりました。
準IAG賞
「終りのない初まりの夢 拡大版」木製パネル アクリル絵の具、インク/91×182cm 照沼敦朗 [Terunuma Atsuro]
1983年 / 埼玉県生まれ
多摩美術大学
主な技法:ミクストメディア
「毛器 (火焔式土器)」古着の毛糸、梱包用のポリエチレン/50cm×43cm×43cm なかがわ まちこ [MACHIKO NAKAGAWA]
東京都生まれ
武蔵野美術大学 造形学科 油絵学部
主な技法:リサイクルウール、リサイクルプラスチックによる造形、描画
「LANDSCAPE TOKAIDO53TSUGI NIHONBASHI」ペインティング/キャンバスにアクリル/72.7cm×60.6cm 吉成仁志 [MASAYUKI YOSHINARI]
1983年 / 神奈川県生まれ
東京工芸大芸術学部デザイン学科ヒューマンプロダクト研究室
主な技法:キャンバスにアクリル
IAG奨励賞
「prospect#03」ミクストメディア(紙とアクリルの積層によるレリーフ)/W225×H225×D50mm 尾崎拓磨 [Takuma Ozaki]
1992年 / 神奈川県生まれ
筑波大学大学院 人間総合科学研究科 芸術専攻
主な技法:ミクストメディア
「理想的な他人 #3」クロログラフ / ミクスドメディア/1305 × 865mm 千葉 尋 [Hiro CHIBA]
1989年 / 千葉生まれ
2014年 東京造形大学造形研究科
主な技法:クロログラフ
「キオクノヘンカ」キャンバスに油彩/1307×1307㎜×② 西川美穂 [NISHIKAWAMIHO]
1989年 / 栃木県生まれ
多摩美術大学大学院博士前期課程美術研究科絵画専攻油画研究領域
主な技法:油彩画
豊島区長賞
高野之夫 豊島区長が選出
「柴犬と猫 とある一日」絵画ー水干絵具、胡粉、岩絵具、その他 立体ー粘土/複数   [2 / 2] 柴トラ夏子 [Natsuko Shibatora]
1994年 / 日本生まれ
武蔵野美術大学大学院
主な技法:日本画画材、ミクストメディア
オーディエンス賞
展示期間中に実施される来場者投票によってトップに選出されたアーティストに贈られる賞
「飛躍」キャンバス、油彩/261×261cm 神野 歌音 [Canon Jinno]
愛媛県生まれ
東京造形大学 造形学部美術学科 絵画専攻
主な技法:油画

2位以下はこちらもご覧ください
新池袋モンパルナス回遊美術館 各ギャラリー賞
池袋エリアを代表する各ギャラリーによる賞。
1年以内に選出ギャラリーにおいて個展を開催する権利を授与されます。〈決まり次第順次発表〉
「黄金の茶室 アルコール消毒液のスプレーボトルL」グルーガンアート、漆塗仕上げ、純金箔貼り/240x110x110 [ 東武百貨店ギャラリー賞 ]
水口麟太郎 [RINTARO]

1994年 / 東京都生まれ
東京造形大学造形学科インダストリアルデザイン先行領域
Ecole-Boulle Paris国立工芸学校 Desiner Produit科
主な技法:ニューメディア書道、グルーガンアート、漆芸
東武百貨店ギャラリー:東武百貨店池袋店5階、国内外の巨匠から人気若手作家まで、幅広い企画展を常時行う歴史ある画廊です。
「CALACURI-HARIKO」金属精密加工、彫金/120mm×120mm×70mm [ ギャラリー上り屋敷賞 ]
大関慎吾 [SHINGO OZEKI]

1984年 / 神奈川県生まれ
武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科金属工芸専攻
主な技法:精密金属機械加工.彫金
「雨宿り」岩絵具、雲肌麻紙/F40号 [ 栗原画廊賞 ]
岩野雅代 [Masayo Iwano]

1984年 / 大阪生まれ
女子美術大学 大学院 日本画研究領域
主な技法:紙本着彩
「LANDSCAPE TOKAIDO53TSUGI NIHONBASHI」ペインティング/キャンバスにアクリル/72.7cm×60.6cm [ ターナーギャラリー賞 ]
吉成仁志 [MASAYUKI YOSHINARI]

1983年 / 神奈川県生まれ
東京工芸大芸術学部デザイン学科ヒューマンプロダクト研究室
主な技法:キャンバスにアクリル
ターナーギャラリー:絵具の総合メーカーのターナー色彩株式会社が「若い人の熱い感性と豊かな才能の応援」を掲げ運営するギャラリー
「連想夢のユートピア」MDF、アクリル絵の具、ボールペン、歌 [ B-gallery賞 ]
髙杉留奈 [Takasugi Runa]

1997年 / 神奈川県生まれ
東京藝術大学 デザイン科
主な技法:ミクストメディア・インスタレーション
IAGパートナーズ賞
豊島区外のギャラリー等、美術関連団体による賞。
個展やグループ展への起用によりIAG作家の才能を全国に発信していただきます。
「飛躍」キャンバス、油彩/261×261cm [ 協同組合美術商交友会賞 ]
神野 歌音 [Canon Jinno]

愛媛県生まれ
東京造形大学 造形学部美術学科 絵画専攻
主な技法:油画
協同組合美術商交友会:全国に70画廊の会員を持つ美術商団体。ディーラーズオークションの主催するほか、新進作家の発掘育成にも積極的に取り組んでいます。
「黄金の茶室 アルコール消毒液のスプレーボトルL」グルーガンアート、漆塗仕上げ、純金箔貼り/240x110x110 [ C-DEPOT賞 ]
水口麟太郎 [RINTARO]

1994年 / 東京都生まれ
東京造形大学造形学科インダストリアルデザイン先行領域
Ecole-Boulle Paris国立工芸学校 Desiner Produit科
主な技法:ニューメディア書道、グルーガンアート、漆芸
C-DEPOT:IAG審査員の一人で画家の金丸悠児氏が代表をつとめる、池袋に拠点を置くクリエイター集団。
「柴犬と猫 とある一日」絵画ー水干絵具、胡粉、岩絵具、その他 立体ー粘土/複数   [2 / 2] [ 八犬堂ギャラリー賞 ]
柴トラ夏子 [Natsuko Shibatora]

1994年 / 日本生まれ
武蔵野美術大学大学院
主な技法:日本画画材、ミクストメディア
八犬堂ギャラリー:世田谷区池尻を拠点に、若手作家を多数起用する展示企画を、百貨店を中心に全国的に展開する有名ギャラリーです。
iag_2020
昨年(2020)のIAG AWARDSの様子
mangiri_2020
アート4コマ『漫喜利 ―MANGIRI―』展

IAG Report :1

光のファンタジーをテーマに生まれ変わったJR大塚駅・北口駅前広場のコンセプト策定と演出・制作に、「IAG AWARDS 2018:豊島区長賞」受賞の穴井祐樹さんが起用されました。

広場の愛称も「ironowa hiro ba (イロノワ ヒロ バ)」に決まり、夜には大小4つのLEDの付いた光のモニュメントが広場全体をカラフルに彩ります。

IAG Report :2

川越の春を彩る「川越春暖簾」プロジェクトに「IAG AWARDS 2018 東武百貨店賞」受賞のみやじまゆういちさんが起用されました。

2019年2月から、東武鉄道東上線のラッピング電車「池袋・川越アートトレイン」(IAG AWARDS 2017 東武百貨店賞受賞 古家野雄紀が原画提供)に始まる、「川越に色を添える」プロジェクトの一環として、2021年4月10日より一か月間、川越一番街 蔵造りの街並みと菓子屋横丁を、川越春暖簾が華やかに彩りました。

「川越春暖簾」プロジェクト 主催:川越市/川越観光協会/東武鉄道 アートディレクション:小路 浩(JIAN)原画提供:みやじまゆういち

IAG AWARDS 受賞者作品展

2020年各ギャラリー賞を受賞した方の個展を紹介しています。
その他、開催中の地域ギャラリー企画のイベントページは、[コチラの回遊美術館ページ]でもご確認いただけます。

高津ゆい 絵画展
「永遠の音色」F10号

高津ゆい 絵画展

会期終了
4月15日(Thu.)〜
21日(Wed.)

【IAG AWARDS 2020 東武百貨店賞 受賞】強い生命力を湛えた動植物を主なモチーフとして、ヴィヴィッドな色彩と確かな描写力でそのものの持つ孤高さ、美しさを表現します。

 東武百貨店 池袋店 6F 1番地 アートギャラリー
 回遊美術館ページで確認する

村上生太郎 展「植物と人」
「ヒト」F6号 紙に色鉛筆

村上生太郎 展「植物と人」

会期終了
5月13日(Thu.)〜
26日(Wed.)

【IAG AWARDS 2020 B-gallery賞 受賞】植物と人の関係性、似ているところ、佇まいと調和を描いた作品約20点の展示です。会期中、自作動画も放映予定。

 B-gallery 豊島区西池袋2-31-6
 回遊美術館ページで確認する

田村幸帆 個展「DEAR」

田村幸帆 個展「DEAR」

10月12日(Tue.)〜
17日(Sun.)

【IAG AWARDS 2020 ギャラリー上り屋敷賞 受賞】

 ギャラリー上り屋敷 豊島区西池袋2-32-6
 回遊美術館ページで確認する

石松チ明個展「絵本を作ったよ展」
「はしゃぐうさぎちゃん」25.7x36.4cm ペン画 彩色

石松チ明個展「絵本を作ったよ展」

会期終了
6月24日(Thu.)〜
30日(Wed.)

外見も内面も美しくないが、画になる「不美人画」を描く石松チ明。ファン待望の絵本完成記念展。

 栗原画廊 豊島区西池袋3-19-5
 回遊美術館ページで確認する

志茂浩和個展

志茂浩和個展

9月9日(Thu.)〜
14日(Tue.)

【IAG AWARDS 2020 ギャラリー路草賞 受賞】神戸芸術工科大学教授・志茂浩和氏によるインスタレーション作品展。人間存在をリアルに描く秘密道具で現代を俯瞰する パノラマワールド!

 ギャラリー路草 豊島区南池袋2-25-5 藤久ビル東五号館14階
 回遊美術館ページで確認する

鹿野裕介 展
「材木保管室」 Media: 百科事典、木材、鏡、電球 Size: dwh 200cm

鹿野裕介 展

〈会期未決定〉

【IAG AWARDS2020 アトリエムラギャラリー賞受賞】会期、会場が決まり次第、HP上でお知らせいたします。乞うご期待!

 IAG Salon&Gallery KONOYO(予定)
 回遊美術館ページで確認する

AWARDS
2021

池袋アートギャザリング 特設ページ | 池袋モンパルナス回遊美術館 池袋の街が美術館! 池袋エリアのアート情報をお届けします。